印刷によって異なる結婚式のペーパーアイテム

   

印刷タイプによってたくさんの種類があり、切り絵のように細かくくり抜かれているものや開けると立体的なもの、光沢のあるものやマットなものなど様々です。金箔などがあしらわれた豪華なものや、凹凸で絵を表しているものなども多いです。押し型加工などもよく利用されており、キャラクターや花などが浮かびシンプルなものでも存在感があります。和柄などの華やかなタイプも豊かな発色や模様で個性的に仕上がり、日本を重んじる方や和柄が好きな方、和装を着る方にはおすすめです。
また、用紙の端のカット加工がフリルカットになっているものや丸くカットされたものなどもあります。このようなカット方法でも更に印象が違ってきます。
印刷や加工の仕方によって同じような色や柄でもイメージが異なってきます。このあたりも細かく確認し、選ぶことが大切です。

手にとってペーパーアイテムを確認する

ネット注文で印刷してもらう場合、どうしても画像だけではわからない部分も出てきます。サンプルを確認できる場合もあり、実際に手に取って紙質や光沢などを確かめることができます。大切な結婚式を彩るアイテムのひとつのため、実際に見て確認できることはとてもうれしいことです。
実際見てみると画像で見た印象とは少し違うこともあります。画像だけではわからないことも多いので細かい部分も確認でき、納得がいく準備を進めることができます。数種類確認できる場合が多く見比べることもできるので、サンプルを見て最終的に決定することがおすすめです。

あて名書き印刷なども頼める

ペーパーアイテムの文字印刷は、招待状をはじめ席次表や席札の文字部分はすべて印刷してもらうことができます。しかし一般的に招待状の宛名書きに関しては、手書きで書くことがマナーとされています。
手書きでの対応は心がこもっているとは思いますが、招待する人数や結婚式の準備期間によっては新郎新婦たちが対応することが難しい場合もあります。近年は印刷で対応する方も増え、あて名書き印刷も対応してくれる業者がほとんどですので、難しい場合は一緒にお願いすると良いでしょう。
また、活字印刷だけではなく筆耕で対応してくれる場合もあります。印刷にはしたくないけど自分では対応できない方におすすめです。どちらにしても通常の印刷にプラスしてオプションのようになっていることが多いですので事前に確認し進めて行くと良いでしょう。

ピックアップ記事

業者に注文して結婚式のペーパーアイテムを作る

ペーパーアイテムを業者に注文して作成する場合、専門の業者でお願いする場合と式場や披露宴会場で準備してもらう場合があります。どちらもプロフェッショナルが対応してくれるため安心してお願いできます。式場や披...

印刷によって異なる結婚式のペーパーアイテム

印刷タイプによってたくさんの種類があり、切り絵のように細かくくり抜かれているものや開けると立体的なもの、光沢のあるものやマットなものなど様々です。金箔などがあしらわれた豪華なものや、凹凸で絵を表してい...

結婚式のペーパーアイテムを手作りする

ペーパーアイテムは様々なタイプのものがあり、注文し作成してもらうこともできますが手作りで作成することもできます。用紙選びやデザイン選びなど最初からすべてを行う場合とテンプレートなどを使用して行う場合、...

おすすめの結婚式用ペーパーアイテム

近年たくさんのデザインのペーパーアイテムが登場しており、キャラクターものや有名ブランド、有名デザイナーの手がけるものなどがあります。式や披露宴を好きなキャラクターや好きなカラーで統一する方が多いため、...