結婚式で使用されるペーパーアイテム

   

結婚式には準備や必要なものがたくさんありますが、ペーパーアイテムもその中のひとつです。招待状や座次表、席札などが多く使用されます。
招待状は、式や披露宴の2ヶ月から3ヶ月前には送る必要があるため早めに準備する事が大切です。結婚の報告と式の案内に加えて出欠席を確認する役割を持っています。
はがきサイズの封筒タイプが一般的で、二つ折りや三つ折りの招待状が多いです。招待状には式や披露宴の場所や日時を記載します。招待状と共に、出欠席を確認する為の返信用はがきを同封します。返信用はがきにはあらかじめ送る側で切手を貼っておきます。
式への参列をお願いする方や祝辞をお願いする方、祝辞や乾杯・余興をお願いする方には付箋と呼ばれるメッセージカードを添える場合もあります。

式や披露宴当日に使用されるペーパーアイテム

座次表と席札は、式や披露宴当日に使用されるものですが招待状と同じデザインのもので揃えることが多いため一緒に準備をすることが多いです。
座次表は、新郎新婦二人のプロフィールと座席表、食事のメニューなどを載せます。新郎側と新婦側の列席者同士は初対面の場合も多いため、座席表にはゲストの名前と一緒に新郎新婦との関係を簡単に記載します。形は折りたたまれた状態が縦長のタイプが多いです。
席札は、ゲスト一人ひとりの名前を記載し座席のテーブル上に置きます。近年では席札の裏にゲストへの新郎新婦からのメッセージを書き込む場合が多いです。
このほかゲストブックや芳名帳と呼ばれる出席者に署名してもらうものや、結婚証明書・引き出物の名札や席ごとのプレートなども招待状や座次表・席札とデザインを揃えて作成する場合もあります。

結婚式のペーパーアイテムの重要性

招待状は式や披露宴に出席する前に目にするもので、はじめに新郎新婦二人や式や披露宴に対するイメージを与えるものです。言葉も添えますが、二人の思いを伝えることができるものや二人らしいものが好まれています。
座次表や席札なども当日の式や披露宴で使用されるものですから、イメージはとても大切です。式や披露宴の全体的なイメージを考えたうえで選ぶことが大切です。
また、友達だけではなく両家の親戚一同や職場の上司なども目にするものです。準備するタイミングやマナー・決まりごとなどはしっかりと守り、失礼の無いよう注意して準備することが大切です。名前の間違いなども無いよう確認はしっかりと行いましょう。

ピックアップ記事

業者に注文して結婚式のペーパーアイテムを作る

ペーパーアイテムを業者に注文して作成する場合、専門の業者でお願いする場合と式場や披露宴会場で準備してもらう場合があります。どちらもプロフェッショナルが対応してくれるため安心してお願いできます。式場や披...

印刷によって異なる結婚式のペーパーアイテム

印刷タイプによってたくさんの種類があり、切り絵のように細かくくり抜かれているものや開けると立体的なもの、光沢のあるものやマットなものなど様々です。金箔などがあしらわれた豪華なものや、凹凸で絵を表してい...

結婚式のペーパーアイテムを手作りする

ペーパーアイテムは様々なタイプのものがあり、注文し作成してもらうこともできますが手作りで作成することもできます。用紙選びやデザイン選びなど最初からすべてを行う場合とテンプレートなどを使用して行う場合、...

おすすめの結婚式用ペーパーアイテム

近年たくさんのデザインのペーパーアイテムが登場しており、キャラクターものや有名ブランド、有名デザイナーの手がけるものなどがあります。式や披露宴を好きなキャラクターや好きなカラーで統一する方が多いため、...


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.